バーストインパクトEX。すべてがウレタンで構成されている。【チートアイテム】

バーストインパクトEX。すべてがウレタンで構成されている。【チートアイテム】

最強のバットって何だと思いますか?

アーチストにはギガキング02ですかね。

アベレージヒッターにはハイパーマッハS?

確かに、そういったバットは最強のバットかもしれません。

操作性が良くて、ヒットやホームランも増量できるだろうと思います。

ただ、今回は最恐のバットを紹介していきたいと思っています。

それが、バーストインパクトEXというバットです。

このバットの特徴は、バットの芯部が全てウレタンになっている。

という点ですね。

言ってみれば、全真芯です。

それなりの重量を誇り扱いづらいですが、その扱いづらさを差し引いても、おつりがくるような性能をこのバットは持っていると思います。

今回はこのバットについて深堀していくので、興味がある方はぜひ。

バーストインパクトEXとは

アシックスが販売している、M級対応のバットです。

何度も語る様にすべてが、ウレタンで構成された芯部。

これが、目をひく一品ですね。

質感は、高反発で若干堅いゴムです。

重量は740g前後あるんですが、そのほかのバットよりも重い気がします。

スイングは鈍くなりがちかな。と思いますね。

内角の速球を捌くのはテクニックがいるハズ。

そういった意味では、

扱いづらいじゃじゃ馬的な感覚を覚えます。

【口コミ】バーストインパクトに対する、世間一般の声。

驚くことにネットを調べても口コミ評価が見られませんでした。

話題を呼ぶに足る、素晴らしいバットなんですがね。

申し訳程度に、実際に使ったチームメイトの評価を添えていきたいと思います。

低評価・批評

重い!。若いもんにしか扱えん

40歳男性。

重いバットは、ベテランプレーヤーには不評な模様。

 

ヘッドが重くてヘッドが下がる。

それなりに体が強い人じゃないと扱えないよね。

30歳男性。

打撃練習をした後に出た言葉、ポップフライを連発した模様。

 

内角は絶対に打てないだろう

30歳男性。

同じく打撃練習後の発言。トップバランスはやはり扱いに難がある。

 

ちょっとズルくない?

30歳男性。

僕が、これを使ってホームランを打った時にかけてもらった言葉。

「それを言ったらビヨンド自体がそもそもズルい」

と思ったが、口に出さなかった。

高評価

一見すると振りにくいが、ヘッドを走らせる技術があれば。

そんなことはない

僕。

一、使用者として、物申す。

 

やっぱり、ミートさえできれば強い。

なんだかんだ言って、全真芯は脅威だ。

僕。

やっぱりミートさえできればこのバットめちゃくちゃ強いですよ。

重さプラス、高反発で外野の頭を超える打球はザラ。

 

緩く振っただけで、柵越えできるバットは中々ないよね。

扱いづらいっていったけど、一打席でバットを振れる回数は3回あるんだから。

そこは気にしたら負け。

僕。

実は僕、このバットでさく越えホームランを結構打っています。

主戦場は両翼90Mせまーい球場ですが、それでも余裕で超えていくので100~110メートルの飛距離は出せると思います。

1打席には3回チャンスがあるので、ドラクエの魔人切り的に100or0で打席に立っています。

結論で言えば。

このバットを評価しているのは僕しかいませんでした。

僕のチームは日ごろから練習をしない人たちばかりなので、(失礼ですが)

こういったバットを使うと、「使えない」と感じるのかもしれません。

見た感じ、振れていませんでした。

強いチームならば評価はまた変わってくるはずですね。

やはり、トクサンTVは評価してくれていますね。

僕の評価は間違っていなかった。

バーストインパクトEXを実際に使ってみた感想

僕の使った感想というのは、散々書きました。

しかしさらに掘り下げて、書いていこうと思います。

ここでは3つの項目に分けて紹介します。

  • 飛距離
  • 打感
  • 操作性
  • 速度

飛距離

評価

僕的にはかなり飛ぶバットだと思います。

逆に芯で捉えない方が飛ぶ

と僕は感じました。

変なことを言うなと思うかもしれません。

でも、ホームランを打った時も若干詰まる打球が驚異的に伸び。

インすることが多かった。

芯で捉えた時は、逆にドライブかかり柵越えは難しいかなと感じます。

レフト強襲2ベースヒットを打ったことがります。

嘘ではありません。

レフトライナーがグローブをかすめて、そのまま外野を転々としていったのです。

記録はエラーでしたが、あれはレフト強襲ヒットです。

打感

評価 AorC

ビヨンドのバチンっていう打感が好きな人からすると、垂涎ものの打感だと思います。

しかし、それが嫌いな人は正直合わないな。

と思いました。

人によりけり。

操作性

評価

正直、扱いづらいと思っています。

手首の力が弱く、体幹にも自信がない人からすれば

使えないな。

って思われても仕方がないんじゃないかなと思います。

が、このバットは鍛え上げた肉体によって真価を発揮しますね。

僕も体は鍛えていますし↓。

https://grassbaseball.com/dageki/2020/04/11/%e9%87%8e%e7%90%83%e3%81%a7%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%81%ae%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%82%e3%81%93%e3%82%8c/

「3回バットは振れるんだから、チャンスはあるでしょ」

という感じで、毎打席、満振りで臨んでいます。

何しろ全部が芯だから、当たれば飛ぶわけです。

速度

評価

めちゃくちゃ早くて、特Aをつけたいぐらいです。

ホームランを打てる確率もさることながら、2ベースを打てる確率も高いのがこのバットの良い所ですね。

外野の間に打てば、ほとんどが追い付けません。

また内野ゴロでも、三塁線に打てばそのまま抜けていきます。

扱いきれば、鬼人の如き性能を発揮するバットです。

総合評価、長距離打者向きですね

飛距離
打感 AorC
操作性
速度

まあ、見ての通り、

長距離砲のバットです。

しかし、僕が推したいのはやはり全真芯であるということです。

内角がさばききれないと言いますが、思いっきり振り抜くことが出来れば。

それは、内野の頭を超えるポテンヒットになったりします。

また、打ち損じのゴロも強いバウンドになり内野安打になったりするんです。

そういった意味では、打率を上げるのに有効ではないか。

というのが、個人的に思っていることですね。

まあ、とにかくですね。

もっと、脚光を浴びて、世間から詳しく見てもらいたい一本です。

ちなみに

店舗に置いていないorわざわざお店に出向きたくない。

そう思っている人へ、スポーツ店の公式ページを紹介します。

わざわざ自分で検索し、購入するのが面倒な人向けです。

ゼビオスポーツ通販部門。

→軟式用バット バーストインパクト EX 84cm/平均740g
意外と注目されていないんですが、値段も安い。

というのもこのバットの良い所ですね。

お値打ち価格。

ちなみに、紹介したページの物は黄色です。

最後に

このバットは扱いづらいですが、体を鍛えることが出来れば。

そういった扱いの難しさもカバーできると思います。

体を鍛え抜き、鬼になりましょう。

そうすれば、文字通り

鬼に金棒

となりうるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA